平成29年就業構造基本調査を実施します

この調査は、統計法に基づき5年ごとに実施する国の重要な統計調査です。

調査の目的

正規・非正規雇用者の就業状況の違い、高齢層・若年層の就業状況、育児・介護と就業の関係などについて、全国、地域別に明らかにすることを目的としています。

調査の対象

全国から無作為に選ばれた約52万世帯(15歳以上の世帯員約108万人)が対象です。

調査の期日

平成29年10月1日現在で実施します。

調査の方法

・統計調査員が、調査の対象となった世帯に対し調査票を配布しますので、調査票に記入していただき、調査員へお渡しいただくか、インターネットによる回答をお願いいたします。

・調査員は世帯に訪問する際に、必ず「調査員証」を身につけています。

・ご回答いただいた内容について、調査関係者が他に漏らすことや統計作成の目的以外に使用することはありませんので、安心してご回答ください。

調査項目

1. すべての人について(15歳以上)

     男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の有無など

2. ふだん仕事をしている人について

     雇用契約期間、仕事内容、1週間あたりの就業時間、現職についた理由など

3. ふだん仕事をしていない人について

     就業希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など

調査結果の利用

・平成30年7月以降順次、統計局ホームページへの掲載や報告書の刊行などにより公表され、どなたでも利用できます。

・「ニッポン一億総活躍プラン」(平成28年6月2日閣議決定)など国の基本的な方針決定の基礎資料をしての活用をはじめ、地方公共団体における雇用対策などの各種施策に活用されています。

 

みなさまのご協力をお願いいたします。

 

関連リンク

詳しい情報については、下記ホームページをご覧ください。

総務省統計局ホームページ(平成29年就業構造基本調査)

お問い合わせ先
町長公室 企画政策課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:231,232
直通電話番号:029-215-8003

メールでのお問い合わせはこちら