平成30年住宅・土地統計調査の準備事務(単位区設定)実施のお知らせ

平成30年10月に総務省統計局が実施する「平成30年住宅・土地統計調査」に先立ち、本調査を円滑に行うための準備事務(単位区設定)を実施します。

 

建物内の住戸数などの確認について、ご協力をお願いします

・この準備事務では、茨城県知事から任命された指導員が、1月中旬から2月初旬にかけて、対象の調査区内を巡回し、「住宅」と「住宅以外で人が居住する建物」を把握し、地図を作成します。

・今回の準備事務では、各戸への調査票の配布はありません。ただし、外観から判断することが困難な場合などは、アパートなどの建物内の住戸数や寮・旅館・事務所などの居住世帯の有無について、指導員が聞き取りをする場合があります。

・指導員証を携行している指導員から質問等があった際には、ご協力をお願いします。

 

住宅・土地統計調査とは

住宅・土地統計調査は、住宅とそこに居住する世帯の居住状況、世帯の保有する土地等の実態を把握し、その現状と推移を明らかにする調査で、行政機関が作成する特に重要な公的統計調査(基幹統計調査)と位置付けられています。この調査は、昭和23年から5年ごとに行われており、平成30年10月に実施する調査は、その15回目になります。

調査の結果は、私たちの暮らしと住まいに関する計画や施策の基礎資料として、幅広く利用されています。

 

住宅・土地統計調査の結果はこのように利用されています

・国や地方公共団体における「住生活基本計画」の成果指標の設定

(高齢者の居住する住宅のバリアフリー化率、省エネルギー基準達成率など)

・耐震や防災を中心とした都市計画の策定

・空き家対策条例の制定 など

 

住宅・土地統計調査の結果からわかること

共同住宅数は2209万戸で住宅全体に占める割合は過去最高となりました。

平成25年の結果は、平成20年と比べると、一戸建が115万戸(4.2%)増加となっているのに対し、共同住宅は141万戸(6.8%)増加と、より大きな伸びを示しており、住宅数及び割合共に過去最高となりました。

 

詳しい情報は、下記ホームページをご覧ください。

総務省統計局ホームページ(住宅・土地統計調査)

 

 

皆様のご理解・ご協力をお願いします

 

 

お問い合わせ先
町長公室 企画政策課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:231,232
直通電話番号:029-215-8003

メールでのお問い合わせはこちら