保険証は大切に

 

国民健康被保険証(保険証)は国保加入の証明書で、一人に一枚交付されます。お医者さんにかかるときに必要な大切なものですから、必ず手元に保管しましょう。

 

保険証の正しい取り扱い方

  • 保険証を受け取ったら、記載内容に間違いがないか確認しましょう。

  勝手に書き直さないでください。無効になります。

  • お医者さんにかかるときには、必ず窓口に提示しましょう。
  • 他人との貸し借りはできません。

  法律により罰せられます。

  • コピーしたものや有効期限が切れたものは使えません。
  • 国保をやめるときは、届け出て、保険証を返却してください。

 修学のため転出する場合には市区町村への届け出が必要です。届け出をしないと、国保の資格を喪失し、保険証が使えなくなります。

 

保険証を失くしてしまったら

保険証の再交付は世帯主の申請により行います。
世帯主が窓口に来れる場合は、世帯主の身分証(免許証やパスポートなど写真入りの公的機関発行のもの)と印鑑(朱肉使用のもの)を持参して申請してください。
世帯主が窓口に来れない場合は、世帯主の委任状(再交付について窓口に来る人に委任する旨記載した任意様式によるもの)と印鑑と窓口に来る人の身分証を持参して申請してください。
身分証がない場合は、郵送により交付します。

 

保険証が使えないとき

病気とみなされないとき

  • 健康診断・人間ドック
  • 予防注射
  • 正常な妊娠・出産
  • 美容整形や歯列矯正
  • 軽度のわきがやしみ
  • 経済上の理由による妊娠中絶など

 

労災保険の対象となるとき

  • 業務上のけがや病気(雇用主が負担すべきものです)

こんな時は国保の給付が制限されます

  • 故意の犯罪行為や故意の事故
  • けんかや泥酔などによる病気やけが
  • 医師や保険者の指示に従わなかったとき


 

お問い合わせ先
保健福祉部 保険課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:国保 121,122 , 医療年金 123,124
直通電話番号:029-240-7113

メールでのお問い合わせはこちら