退職者医療制度

 

会社などを退職して国保に加入し、年金を受けられる人は「退職者医療制度」で医療を受けることになります。

 

対象となる人

次の条件にあてはまる65歳未満の人(退職被保険者本人)と、その被扶養者(扶養家族)が対象となります。

  1. 国保に加入している
  2. 厚生年金や各種共済組合などの年金を受けられる人で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降10年以上ある
     

被扶養者とは

退職被保険者と生活をともにし、主に退職被保険者の収入によって生計を維持している次の人です

  • 退職被保険者の直系尊属、配偶者(内縁も含む)と3親等以内の親族、また配偶者の父母と子
  • 国保の加入者で老人保健の適用を受けていない人
  • 年間の収入が130万円(60歳以上の人や障害者は180万円)未満の人

 

対象となる日

年金の受給権の発生した日が、退職被保険者となる日です。年金証書を受け取ったら14日以内に、保険証、年金証書、印鑑を持って担当窓口に届け出てください。「国民健康保険退職被保険者証」が交付されます。

届け出に必要なもの

  • 年金証書など 
  • 保険証 
  • 印鑑

 

対象となったら必ず届出を

退職者医療制度では、本人の自己負担と保険税のほか、職場の健康保険などからの拠出金が財源となっています。退職者医療制度の対象となっているにもかかわらず届け出がされないと、拠出金が負担する医療費分まで国保が負担することになります。
みなさんの負担軽減が図られることにもなりますので、対象となったら担当窓口まで必ず届け出をお願いします。

 

お医者さんにかかるとき

病院の窓口で「国民健康保険退職被保険者証」を提示して受診します。自己負担割合は一般の国保と同様です。

 

任意継続

会社などを退職しても、一定の条件を満たせば、引き続きその職場の健康保険に加入することができます。

 

お問い合わせ先
保健福祉部 保険課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:国保 121,122 , 医療年金 123,124
直通電話番号:029-240-7113

メールでのお問い合わせはこちら