病院などにかかるとき

 病気やけがをしたとき、病院などの窓口で「国民健康保険被保険者証」(以下、「保険証」)を提示すれば 、医療費の一部を支払うだけで医療を受けることができます。

 

【自己負担の割合】

 

自己負担の割合
義務教育就学前の人 義務教育就学後から70歳未満の人 70歳以上75歳未満の人
・昭和19年4月1日以前生まれの人
70歳以上75歳未満の人
・昭和19年4月2日以降生まれの人
70歳以上75歳未満の人
・現役並み所得者
2割 3割 1割 2割 3割

 

 

70歳以上75歳未満の人

70歳の誕生日が1日の場合は誕生月から、2日以降の方は誕生月の翌月から該当になります。 

現役並み所得者

同一世帯に課税所得145万円以上で70歳以上75歳未満の国民健康保険被保険者がいる方です。

    ただし、以下の1~3のいずれかに該当する方は、役場窓口に申請すると自己負担割合が1割または2割になります。

  1. 該当者の収入額の合計が、1人の場合383万円未満のとき。
  2. 該当者の収入額の合計が、2人以上の場合520万円未満のとき。
  3. 次の要件を全て満たす場合
  • 該当者の収入額の合計が、1人の場合383万円以上のとき
  • 特定同一世帯所属者(国民健康保険制度から後期高齢者医療制度に移行した人で、継続して国民健康保険被保険者と同一の世帯にいる人)との収入額の合計が520万円未満のとき

 

【病院などにかかるときは「保険証」を忘れずに】

  • 病院などにかかるときには、必ず「保険証」を窓口に提示してください。
  • 70歳から74歳の方は、「保険証」と「国民健康保険高齢受給者証」(以下、「高齢受給者証」)を窓口に提示してください。
  • 有効期間を過ぎた「保険証」や「高齢受給者証」は使えませんので、有効期間内のものをご使用ください。
     

【国民健康保険の資格を喪失した後は、「保険証」が有効期間内であっても使えません】

  • 職場の健康保険などに加入して、国民健康保険の資格を喪失すると、「保険証」や「高齢受給者証」を使うことはできません。
  • 資格喪失前の「保険証」や「高齢受給者証」を使用して診療を受けた場合、後から茨城町が負担した医療費は返還していただくことになります。
  • 職場の健康保険などに加入したときには、病院にその旨を伝え、また役場窓口で国民健康保険の資格喪失手続きをしてください。

 

お問い合わせ先
保健福祉部 保険課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:国保 121,122 , 医療年金 123,124
直通電話番号:029-240-7113

メールでのお問い合わせはこちら