妊産婦の方を対象としたマル福

母子健康手帳の交付を受けた方が対象です(母子健康手帳の交付は、ゆうゆう館内健康増進課にて行っております。)。

 

申請に必要なもの

  1. 母子健康手帳
  2. 妊娠証明書または妊娠届出書
  3. 健康保険証(妊産婦さんご本人様のもの)
  4. ご本人様・配偶者様の個人番号カードまたは通知カード,または個人番号が記載された住民票の写し (【個人番号に係る必要書類 (PDF:53.1KB)】をご確認ください)
  5. 印鑑(朱肉使用のもの)

 

なお、転入等により所得判定ができない場合、所得と扶養人数のわかる証明書(課税証明書等)が必要となる場合がございます。

 

所得制限

ご本人様、配偶者様(入籍予定の方も含まれます。)の所得を比較して、高い方の所得をもとに判定を行います。制限額は表の通りです。また、同一世帯内で主として生計を維持する方(扶養義務者)も判定対象となり、制限額は10,000千円です。

 

※平成28年10月1日から所得制限額が緩和されました。

所得制限額
合計扶養親族数 うち、老人扶養親族数
1人 2人 3人
0人 622万円      
1人 660万円 666万円    
2人 698万円 704万円 710万円  
3人 736万円 742万円 748万円 754万円
4人 774万円 780万円 786万円 792万円
5人 812万円 818万円 824万円 830万円

扶養親族1人につき、38万円を加算します。

さらに、所得税法に規定する老人控除対象配偶者または老人扶養親族については、1人につき6万円を加算します。

所得から定額控除8万円を差し引いて判定します。

 

マル福対象となる医療費

妊産婦マル福は、産婦人科のみが対象となります。また、保険適用分が助成対象であるため、妊産婦検診、予防接種、通常分娩費用、入院時の食事、差額ベッド代等、保険適用外の医療費に対する助成はありません。

ただし、出産にかかわる治療等、産婦人科医の紹介状があったうえでの受診であれば、他科の受診であっても対象となる場合がございます。

 

有効期間について

有効期間は、母子健康手帳が交付された月の初日から(母子健康手帳の交付を受けた後に、ご転入の場合は住民日から)、出産(流産の場合も含みます。)の翌月末日までです。

 

予定日の属する月と実際の出産の月が異なった際は、有効期間変更の手続が必要です。

【関連資料】

妊産婦の方を対象とした医療福祉費支給制度(マル福)(PDF:138.7KB)

個人番号に係る必要書類(PDF:53.1KB)

お問い合わせ先
保健福祉部 保険課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:国保 121,122 , 医療年金 123,124
直通電話番号:029-240-7113

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。