医療福祉費支給制度(マル福)について

医療福祉費支給制度(マル福)の概要

(イラスト)マル服

医療福祉費支給制度(マル福)とは、医療保険を使って医療機関等を受診したときの一部負担金を、公費で助成する制度のことです。「医療福祉費受給者証」というカードをご使用いただきます。

対象者

当町に住民登録のある方で、下記に該当する方が対象です。以下の4つの区分に分かれます。

 

対象者

妊産婦

妊娠の届出により、母子健康手帳の交付を受けた方。

小児・児童

出生の日から中学校3年生の学年末(15歳に達する以後、最初の3月31日まで)のお子様。

ひとり親

家庭

・離婚、死別などの事由により配偶者のない18歳未満の子(または20歳未満で一定の障害の状態にある子または高校在学者)を監護している方、及びその子。

・配偶者が重度心身障害者である方及びその子。

重度心身障害者

次のいずれかに該当する方。

・身体障害者手帳(1級、2級または内部障害における3級の認定を受けているものに限る。)をお持ちの方。

・療育手帳(マルAまたはAの認定を受けているものに限る。)をお持ちの方。

・障害年金等1級を受給中の方。

平成26年10月1日より、対象年齢を中学3年生まで拡大いたしました。

内部障害…心臓、腎臓もしくは呼吸器または膀胱もしくは直腸、小腸、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫もしくは肝臓の機能障害を指します。

所得制限

医療福祉制度には、所得制限がございます。なお、制限額は区分ごとに異なります。
 

妊産婦の方を対象としたマル福

出生から中学3年生までのお子様を対象としたマル福

ひとり親家庭(母子・父子家庭)の方を対象としたマル福

重度障害を持つ方を対象としたマル福

使用方法

茨城県内の医療機関を受診する際、受給者証を保険証と一緒に提示することで、下記の自己負担でお支払いただくことができます(保険適用分についてのみ)。

なお、中学生のお子様については、受給者証を2枚交付いたします(「外来」にはピンク色の受給者証、「入院」には白色の受給者証をご使用ください。)。 

 

自己負担額

 

外来

入院

調剤

入院時の自己負担等

自費分

妊産婦

産婦人科のみ

1日 600円

医療機関ごとに月2回まで)

1日 300円

医療機関ごとに3,000円まで) 

自己負担なし 

自己負担あり 

小児・児童

1日 600円

医療機関ごとに月2回まで)

1日 300円

医療機関ごとに3,000円まで) 

 自己負担なし

 自己負担あり

ひとり親家庭

1日 600円

医療機関ごとに月2回まで)

1日 300円

医療機関ごとに3,000円まで)

 自己負担なし

 自己負担あり

重度心身障害者

自己負担なし

自己負担なし

自己負担なし

自己負担あり

なお、茨城町独自の制度として、3歳未満の小児の外来自己負担金を払い戻しいたします。

 

イラスト

ジェネリック医薬品の利用を推進しています 

 

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、特許期間が過ぎた新薬(先発医薬品)と有効性・品質・安全性が同じ成分を使って製造販売されている医薬品です。価格が新薬に比べて安価に設定されているため負担が軽減します。ぜひジェネリック医薬品をご利用ください。

有効期間と更新について

マル福受給者証は、一年ごとに更新を行います。更新時に所得判定を行い、所得制限内の場合、有効期間終了の3~4日前に新しい受給者証を郵送いたします。但し、所得制限を超える場合は、非該当通知を郵送いたします。

→区分によって更新時期が異なりますので、詳しくは区分ごとのページをご覧ください。

なお、転入等により所得を確認できない場合、課税証明等の取得をお願いする通知を郵送いたしますので、必要書類をお持ちのうえ窓口交付となります。

 

県外の医療機関を受診するとき・受給者証の提示を忘れてしまったとき

医療福祉費支給制度(マル福)は、茨城県の制度ですので、県外の医療機関では使用することができません。その場合、受給者証を提示せずに保険証の負担割合でお支払いただき、後日役場保険課(5番窓口)にて手続をしていただくこととなります。

必要書類

受給者証、印鑑(朱肉使用のもの)、領収書(原本をお預かりいたします。)、口座のわかる通帳またはカード

また、何らかの事情により受給者証を提示できず、通常のお支払をした場合も同様です。

 

受給者証の記載内容が変わったとき

健康保険証や氏名の変更、転居・転出等、受給者証の記載内容に変更がある場合は、変更手続が必要です。

必要書類

変更の内容がわかるもの(健康保険証等)、受給者証、印鑑(朱肉使用のもの)

 

マル福受給者証をなくしてしまったとき

受給者証を紛失してしまったときは、役場保険課(5番窓口)までお越しください。即日交付が可能です。

【必要書類】

受給者ご本人様の健康保険証と印鑑(朱肉使用のもの)

 

これから茨城町へご転入の方

下記の必要書類をご確認のうえ、手続をお願いいたします。

(1)茨城県内の他市町村よりご転入の方で、現在マル福を受給中の方

  1. マル福対象の方の健康保険証
  2. 印鑑(朱肉使用のもの)
  3. 医療福祉費受給者証交付状況証明書(転出の手続の際、お住いの市町村のマル福担当課で交付していただきます。詳細はお住いの市町村へお問い合わせください。)
  4. 個人番号カードまたは通知カード,または個人番号が記載された住民票の写し(区分ごとに対象者が異なりますので,それぞれの区分のページをご覧ください。)
  5. その他(下記に該当される場合はお持ちください。)
  • 3歳未満のお子様…お父様(お母様)名義の口座のわかる通帳またはカード
  • 妊産婦マル福を受給中の方…母子健康手帳
  • 重度障害者マル福を受給中の方…身体障害者手帳、療育手帳、年金証書(障害年金を受給中の方)等

 

(2)県外よりご転入の方、及びご転入後に初めてマル福の申請をされる方

区分ごとに必要書類が異なりますので、それぞれの区分のページをご覧ください。

また、所得判定に際し課税証明書等をお取りいただく場合がございますが、お客様によって判定対象年度が異なりますので、詳細は役場保険課までお問い合わせください。
 

 

お問い合わせ先
保健福祉部 保険課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:国保 121,122 , 医療年金 123,124
直通電話番号:029-240-7113

メールでのお問い合わせはこちら