食中毒にご注意ください-Part1-

 例年、6月から9月頃の暑い季節には食中毒が多く発生しています。食中毒の多くは、ちょっとした心がけや注意で防ぐことができます。

 どの季節でも食中毒は発生する恐れはありますが、暑い時期だからこそ食中毒を防ぐための予防対策を十分行いましょう。

食中毒って?

 食中毒とは、食品・調理器具または包装容器に付着した細菌や細菌の出した毒素、化学物質、自然毒などを摂取したことによって起きる危害で、下痢、嘔吐、腹痛、発熱などの症状を示す健康被害をいいます。

食中毒の予防法

 細菌は手やまな板などに付着して、わずかな接触で食品に移ることがあります。

 普段から清潔を心がけ、正しい手洗いで食中毒を予防しましょう。

食中毒予防の三原則

 食中毒菌を

 付けない、増やさない、やっつける

 

 この三原則を守り、家庭からの食中毒発生をなくしましょう。

(イラスト)食中毒

関連リンク

いばらき 食の安全情報 WebSite

お問い合わせ先
保健福祉部 健康増進課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1037番地1
代表電話番号:029-292-1111
内線:400,420,421,422,423
直通電話番号:029-240-7134

メールでのお問い合わせはこちら