児童扶養手当について

児童扶養手当とは?

 児童扶養手当は、父母の離婚などにより父又は母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立を目的として支給される手当です。

 

児童扶養手当を受けることができる方

 次のいずれかにあてはまる「児童」を保護者として生活の面倒を見ている父又は母、また父母にかわってその児童を養育している方(養育者)が手当を受けることができます。
 児童とは、18歳に到達する日以後、最初の3月31日(18歳の年度末)までにある児童をいいます。
 なお、受給者(父又は母、養育者)、児童とも国籍は問いません。
 この手当は請求によって支給されますのでご留意ください。

日本国内に住所を有しないときは、手当は支給されません。

本人および同居する扶養義務者に所得の制限があります。

 手当の対象となる児童(「児童」とは、18歳に達する日以後、最初の3月31日までにある児童をいいます。ただし心身におおむね中度以上の障害がある場合は、20歳未満までとなります。)

  1. 父母が離婚した児童
  2. 父または母が死亡した児童
  3. 父または母が制令で定める障害のある児童
  4. 父または母が生死不明な児童
  5. 父または母が1年以上遺棄している児童
  6. 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  7. 父または母が1年以上拘禁されている児童
  8. 母が婚姻によらないで生まれた児童
  9. 母が児童を懐胎したときの事情が不明である児童

児童扶養手当の申請手続等、詳細につきましては、こども課までお問合わせください。

 

お問い合わせ先
保健福祉部 こども課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:114,115,116
直通電話番号:029-240-7144

メールでのお問い合わせはこちら