弾道ミサイル落下時の行動について

昨今の情勢を踏まえ,弾道ミサイルが発射された場合,日本に飛来する可能性もあります。取るべき行動について皆様にお知らせします。

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合の情報伝達について

弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。

ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、国から緊急情報全国瞬時警報システム(Jアラート)等を活用して、防災行政無線や緊急速報メール、テレビ、ラジオなどを通じて、緊急情報をお知らせします。

メッセージが流れたら、直ちに取る行動について

【屋外にいる場合】

・近くの建物などに避難する。

・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

 

【屋内にいる場合】

・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

内閣官房「国民保護ポータルサイト」について

内閣官房「国民保護ポータルサイト」には,弾道ミサイル落下時の行動について掲載されていますのでご覧ください。

国民保護ポータルサイト

弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用について

スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用について(PDF:251.8KB)

お問い合わせ先
総務部 総務課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:行政 216, 防災危機管理 217, 人事 218,701
直通電話番号:029-240-7125

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。