「避難勧告等に関するガイドライン」の改正について

水害・土砂災害の防災情報の伝え方が変わります(警戒レベル1〜5)

国(内閣府・消防庁)では,住民の主体的な避難行動を支援するための「避難勧告等に関するガイドライン」の改定を行い,水害・土砂災害について,市町村が出す避難情報と,国や都道府県が出す防災気象情報を5段階に区分し,住民がとるべき避難行動を示しました。

今後,避難情報を発令する際には,5段階の警戒レベルも併せてお知らせいたします。

○警戒レベルと住民がとるべき避難行動・避難情報等

keikai1

※1 災害発生情報は,災害が実際に発生していることを把握した場合に,可能な範囲で発令します。

※2 避難勧告・避難指示(緊急)は,地域の状況に応じて緊急的又は重ねて避難を促す場合等に発令します。

(注)各種情報は,状況が急変することもあり,警戒レベル1〜5の順番で発表されるとは限りません。

町は,様々な情報をもとに,避難情報を発令する判断を行うことから,必ずしも防災気象情報と同じレベルの避難情報が発令されるわけではありません。

◯避難行動呼びかけの一例

緊急放送,緊急放送,警戒レベル4,避難開始。

緊急放送,緊急放送,警戒レベル4,避難開始。

こちらは,防災いばらきです。

○○地区に洪水に関する警戒レベル4,避難勧告を発令しました。

河川が氾濫するおそれのある水位に到達しました。

○○地区の方は,速やかに全員避難を開始してください。

避難場所への避難が危険な場合は,近くの安全な場所に避難するか,屋内の高い所に避難してください。

 

内閣府 防災情報ページ

お問い合わせ先
総務部 総務課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:人事 218,219, 行政 216, 防災危機管理 217
直通電話番号:029-240-7125

メールでのお問い合わせはこちら