還付金等詐欺が多発しています!(茨城町消費生活センターからの注意喚起)

全国的に後を絶たないニセ電話詐欺。茨城県内でも被害が多発しており、茨城町でも被害がでています。また、狙われるのは昼間一人で自宅にいる高齢者が多く、被害額も高額です。

ニセ電話詐欺と言えば、オレオレ詐欺や架空請求詐欺、融資保証金詐欺など様々な手口がありますが、最近では、還付金等詐欺の被害が多発しています。

 

還付金等詐欺の手口

市町村や年金事務所、税務署などの職員を名乗り、
「医療費を払い戻します」
「年金の差額を支払います」
「手続きは今日中」
「ATMへ行ってください」
などと言って、お金をだまし取る手口です。犯人は、ATMに行くよう指示し、そこから携帯電話をかけさせ、気付かないよう犯人の口座に送金の手続きをさせます。

 

還付金等詐欺に遭わないチェックポイント

□医療費や税金を払い戻すなど、還付金の話をしていませんか?
□ATMへ行くよう指示されていませんか?
□「今すぐ」や「今日中に手続きをしないと受け取れない」と急がせてはいませんか?

行政機関(役場や税務署)がATMで還付の手続きをお願いすることは、絶対にありません!

 

最近では、銀行やコンビニエンスストアは、警戒が強化されているため、多くの人が出入りするスーパーやショッピングモールのATMへ行くよう指示されるケースが増えています。
被害に遭わないために、必ず一度電話を切り、相手が名乗った行政機関などの代表番号を調べ、事実の確認をしてください。

一度だまし取られたお金を取り戻すことは、非常に困難です。おかしいな?と思ったら、迷わず消費生活センターやお近くの警察署に相談してください。

 

 

【相談・お問合わせ】

茨城町消費生活センター

相談受付:月曜日~金曜日 9時~12時・13時~16時

電話:029-291-1690

 

また、茨城県消費生活センターのホームページにも様々な事例や注意喚起が掲載されていますので、下記の「いばらき消費生活なび」もご覧ください。

いばらき消費生活なび(茨城県消費生活センターホームページ)