消費生活緊急情報!年末年始も注意!詐欺やネットトラブル(茨城町消費生活センターからの注意喚起)

~被害に遭わないよう家族で話し合いを~

年末年始は、高齢者のニセ電話による詐欺被害が増える傾向にあります。
また、子どもたちが高額なお小遣いを手にする機会があるため、お金のトラブルに注意が必要です。次のような詐欺やトラブルに遭わないよう、家族で話し合いましょう。

 

【未成年・若者の場合】
◆オンラインゲームなどでのトラブル
クレジットカード会社から身に覚えのない請求が届いた。子どもが親に黙って、クレジットカードでアイテムを購入していたなど。

◆インターネット通販トラブル
インターネットで商品を購入したが、注文したものと違う粗悪な偽物が届いた。返金を申し入れたいが、連絡が取れないなど。

※未成年などは、身に覚えがなくても数万円ならお年玉で払えると、保護者に相談せず支払ってしまう場合があります。どんなことでも相談するよう、話をしておきましょう。

 

オレオレ詐欺

【高齢者の場合】
◆オレオレ詐欺
息子などを名乗り、「携帯電話の番号が変わった」「会社の金を使い込んだ」などと電話があり、現金をだまし取る手口。

◆還付金詐欺
役場職員や金融機関の職員を装い「医療費を返金します」「税金の還付金がある」などと嘘を言い、現金をだまし取る手口。

 

【その他共通の手口】
◆架空請求詐欺
突然、メールやハガキで身に覚えのない料金を請求されるなど。

◆ワンクリック詐欺
スマートフォンや携帯ゲーム機、パソコンなどでインターネットの動画サイトを検索しているうちにアダルトサイトの画面が出た。年齢などをクリックしているうちに登録になり、数万円を3日以内に払えという請求画面が出た。

 

悪質商法や詐欺の手口は、日々変化し多様化しています。
高齢者が一人で自宅にいる時間は留守番電話にしておく。覚えのない利用料金を請求されたなど不審や不安に思ったら一人で悩まず、すぐに家族に相談するなど、常日頃から騙されない対策を家族で話し合うことが大切です。

                   三世代家族

不安な時やトラブルになった場合は、近くの警察署か茨城町消費生活センターにご相談ください。

 

【相談・お問合せ】

茨城町消費生活センター

相談受付:月曜日~金曜日 9時~12時・13時~16時

電話:029-291-1690

※平成29年12月29日(金曜日)~平成30年1月3日(水曜日)はお休みになります。

 

 

茨城県消費生活センターのホームページにも様々な事例や注意喚起が掲載されていますので、下記の「いばらき消費生活なび」もご覧ください。

 

 

いばらき消費生活なび(茨城県消費生活センターホームページ)

お問い合わせ先
町長公室 町民協働課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:227,228
直通電話番号:029-291-8802

メールでのお問い合わせはこちら