後期高齢者医療制度

75歳(一定の障害があると認定されたときは65歳)以上の方は、「後期高齢者医療制度」の被保険者となって医療をうけることになります。

 この制度は、都道府県単位ですべての市町村が加入する「後期高齢者医療広域連合」が保険者となって運営します。

 

対象者

(1)75歳以上の方

(2)65歳以上で一定の障害がある方

 

保険証(被保険者証)

被保険者には、茨城県後期高齢者医療広域連合から保険証が1人に1枚交付されます。

医療機関等にかかる時には、「後期高齢者医療被保険者証」を提示してください。

 

保険証の期間

有効期間は、8月1日から翌年7月31日までの1年間で、毎年更新となります。

 

保険料

保険料は被保険者全員が納めることになります。

 

保険料のしくみ

保険料は、均等割額と所得割額を合計して個人単位で計算されます。

均等割額と所得割率は、広域連合ごとに決定されます。

 

茨城県の場合

均等割額 39,500円

所得割率 8.00%

詳しくは、平成28・29年度の保険料率及び平成29年度の保険料の軽減措置を参照してください。
 

平成28・29年度の保険料率及び平成29年度の保険料の軽減措置(PDF:159.8KB)

保険料の納め方

 年金受給額が年額18万円以上の人は、原則年金から天引き(特別徴収)になります。ただし、介護保険料と合わせた保険料額が年額の2分の1を超える場合は、年金からの天引きにはならず、納付書による納付(普通徴収)となります。

  • ・年金からのお支払を申し出により口座振替に変更できます。希望される方は、保険課までお問い合せください。
  • ・納付書による納付(普通徴収)は、口座振替による方法も可能です。

口座振替の手続きは、預金口座のある金融機関へ、預金通帳・通帳印・納付書をご持参のうえ、直接金融機関へお申し込みください。

 

給付

 後期高齢者医療の給付の種類は、療養の給付、入院時食事療養費、入院時生活療養費、高額療養費及び高額介護合算療養費等があります。詳しくは茨城県後期高齢者医療広域連合の給付のページを参照してください。

高額療養費支給申請に必要な書類

  • 広域連合から送られた高額療養費支給申請書
  • 被保険者証
  • 認印(朱肉を使用するもの)
  • 口座の確認ができるもの

 

葬祭費

 被保険者が亡くなられた場合、葬祭執行者に葬祭費(5万円)が茨城県後期高齢者医療広域連合から支給されます。

必要な書類

  • 葬祭費支給申請書(保険課窓口で印刷されます)
  • 会葬礼状等の葬祭執行者が確認できる物の写し
  • 被保険者証
  • 認印(朱肉を使用するもの)
  • 葬祭執行者の口座が確認ができるもの

 

その他

 

  • 交通事故にあったとき(第三者行為)

 

 交通事故など、第三者(加害者)から障害を受けた場合でも、届出により後期高齢者医療制度で治療を受けることができます。

 この場合、広域連合が治療費を立て替え、あとで加害者に費用を請求することになります。

 後期高齢者医療制度で治療を受けるときは、保険課医療年金へ「第三者行為による被害届」を必ず提出してください。警察の交通事故証明書なども必要になります。 
 

関連資料

平成28・29年度の保険料率及び平成29年度の保険料の軽減措置(PDF:159.8KB)

関連リンク

茨城県後期高齢者医療広域連合

お問い合わせ先
保健福祉部 保険課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:国保 121,122 , 医療年金 123,124
直通電話番号:029-240-7113

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。