不良灯油による石油暖房機器の故障や異常に注意!(国民生活センター 見守り新鮮情報)

古い灯油を使ったら石油ストーブが故障?

 

不良灯油とは・・・・・

 長期保管などで性質が変化してしまった灯油(変質灯油)及び、水や異種の油などが混入した灯油(不純灯油)のことを不良灯油といいます。
 
 
・不良灯油を石油暖房機器に使用すると、少量でも異常燃焼や機器の故障につながり危険です。
 
・保管するときは,灯油専用容器に入れ、日光や雨の当たらない場所に置きましょう。
 
・シーズン中に使い切れなかった場合や、長期保管し変質の可能性がある灯油は決して使用せず、購入した石油販売店に相談するなどして安全に廃棄しましょう。

 見守り新鮮情報第206号

・国民生活センターの見守り情報では、消費者被害から高齢者や障がい者、子どもを守るため、最新の悪質商法の手口や事故情報などをお知らせしています。

関連リンク

国民生活センター 見守り新鮮情報第206号

国民生活センター 見守り新鮮情報 バックナンバー

国民生活センター 見守り情報(高齢者・障がい者・子どものトラブル防止)一覧

お問い合わせ先
町長公室 町民協働課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:227,228, 集落支援員 224,225, 地域おこし 229
直通電話番号:029-291-8802

メールでのお問い合わせはこちら