架空請求やワンクリック請求に気を付けて!(国民生活センター子どもサポート情報)

不審な請求、プリペイドカードの番号は教えないで

 

《事例》
スマートフォンを操作していたら誤って広告をクリックしてしまい、画面に「登録」と表示された。不安になり、業者に電話すると「20万円払わなければ、学校に連絡する」と脅された。
お金がないことを伝えたところ、5万円に減額されたので、指示通りにコンビニエンスストアでサーバ型のプリペイドカードを購入し、そのカード番号と学生証の写真を撮ってメールで送ってしまった。(当事者:高校生 女性)

 

国民生活センター子どもサポート情報第102号

 

【ひとことアドバイス】
●架空請求やワンクリック請求でサーバ型のプリペイドカードによる支払いを要求されたという相談が寄せられています。
業者に連絡することで個人情報が知られ、さらに請求を受ける可能性もあります。連絡してはいけません。
●プリペイドカードの番号を教えることはプリペイドカード自体を譲ったことになります。プリペイドカードは匿名性が高いため、支払った金額を取り戻すことは難しくなります。プリペイドカードの番号は、他人に決して教えないようにしましょう。
 

心配な時は、茨城町消費生活センターに相談してください。

 

※国民生活センターの見守り情報では、消費者被害から高齢者や障がい者、子どもを守るため、最新の悪質商法の手口や事故情報などをお知らせしています。

 

【相談・お問合わせ】
茨城町消費生活センター
相談受付:月曜日~金曜日 9時~12時・13時~16時
電話:029-291-1690(直通)

 

 

国民生活センター子どもサポート情報第102号リーフレット

国民生活センター子どもサポート情報バックナンバー

国民生活センター見守り情報一覧(高齢者・障がい者・子どものトラブル一覧)

お問い合わせ先
町長公室 町民協働課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:227,228, 集落支援員 224,225, 地域おこし 229
直通電話番号:029-291-8802

メールでのお問い合わせはこちら