日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターにおける事故について

平成29年6月6日(火曜日)午前11時15分頃,大洗町にある,日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター燃料研究棟において,核燃料物質の点検作業中,保管していた容器を開封したところ,核燃料物質を入れていたビニールバッグが破裂し,作業していた5名の身体汚染が確認され,うち少なくとも4名が内部被ばくする事故が発生しました。

この事故による,環境への放出,周辺への影響はありません。

緊急要請を行いました

平成29年6月9日(金曜日)午後2時から,日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター塩月所長に対し,町長より,発生した事故に関する緊急要請を行いました。

日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター内で発生した事故に関する緊急要請について(PDF:125.4KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。