マイナンバー制度にともなう退職所得の納入申告書の提出方法について

マイナンバー制度にともなう退職所得の納入申告書の提出方法について(平成28年1月1日から)

退職金の支払者は、退職所得にかかる町・県民税額を退職金から徴収し、納税義務者(退職金の支払いを受ける方)が退職金の支払いを受けるべき日(通常は退職日)の属する年の1月1日における住所地市町村へ、徴収した町・県民税額を翌月10日までに納入することになっています。
平成28年1月1日以降、マイナンバー制度の施行にともない、退職所得にかかる分離課税分の納入申告書に、法人番号または個人番号(個人事業主の場合)の記載が必要になります。
  1. 法人の方
    茨城町指定の納入申告書をご利用の場合、納入済通知書裏面の納入申告書の余白(「氏名又は名称」欄の下部等)に、法人番号を追記してご提出ください。
  2. 個人事業主の場合(法人番号がない場合)
    個人事業主の方は、納入済通知書の裏面にある納入申告書は記入せず、空欄のままにしてください。別途、納入申告書を作成し、個人事業主様の個人番号を記載の上、郵送で茨城町役場税務課までご提出ください。また、提出の際、個人番号確認・身元確認のため、下記の1か2の書類を添付してください。
    1. 1 個人番号カード(両面)の写し
    2. 2 番号確認ができるものの写し(通知カードまたは住民票) + 本人確認ができるものの写し(運転免許証等顔写真付きのもの)
お問い合わせ先
総務部 税務課
〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:賦課 131,132,133, 税制 134, 収納 136,137,138
直通電話番号:賦課 029-240-7114, 収納 029-240-7104

メールでのお問い合わせはこちら