町職員による家屋評価調査実施のお知らせ

令和元年10月から家屋評価調査を実施します。

  平成30年度から令和2年度にかけて,固定資産税の課税対象となる家屋の全棟調査をしています。昨年度から家屋照合調査を行ってきましたが,その結果,固定資産税課税のための評価が必要と思われる家屋については,これから町職員が現地調査を実施しますので,皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

全棟調査とは

  この調査は,町内のすべての家屋について固定資産税台帳の登録事項と照合し,増改築や未登記による課税もれ,取壊し等を調査するもので,固定資産税の課税対象となる家屋を正確に把握し,固定資産税の公平かつ公正な課税を行うことを目的としています。

 

調査方法

  調査は原則2人1班で行い,調査対象の家屋の外部を計測したり,形状や面積,仕上げ等の確認を行います。敷地に立ち入っての調査になりますので,家屋関係者の立会をお願いします。

また,調査時に家屋所有者のお名前や家屋の建築年月日,用途,構造,階数等を確認します。書類等への記入をお願いする場合もありますので,ご協力おねがいします。

 

注意事項

  町職員が家屋調査以外の調査を行うことはありません。

  ※なりすましにはご注意ください。ご不審な場合には茨城町税務課までお問合せください。

 

調査期間

 令和元年10月から令和2年12月まで

 (長岡地区より順次調査を行っていきます。)

 

お問い合わせ先
総務部 税務課
〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:資産税 131,132, 住民税 133,134,135, 収納 136,137,138
直通電話番号:資産税 029-240-7114, 収納 029-240-7104

メールでのお問い合わせはこちら