在外選挙制度

外国にいても「在外選挙制度」で、国政選挙の投票ができます。

まず「在外選挙人名簿」への登録が必要です。
 在外投票をするためには、まずあなたが住んでいる地域を管轄する在外公館(大使館や総領事館)で、在外選挙人名簿への登録を申請してください。登録された人には、投票時に必要な「在外選挙人証」が、所定の市区町村選挙管理委員会から在外公館を通じて交付されます。 

(イラスト)在外選挙制度の流れ

1.在外選挙とは?

外国で暮らしていても国政選挙に参加できる制度です。 

2.対象となる選挙

衆議院比例代表選出議員選挙および参議院比例代表選出議員選挙

3.在外投票するには?

(1)在外選挙人名簿への登録資格

  • 年齢満20年以上の日本国民であること
  • 住所を管轄する領事館の管轄区域内に、引き続き3か月以上住所を有すること
  • 公民権を停止されてないこと

(2)登録するには・・・

 本人または登録申請者の同居家族等(在留届によって届けられている同居家族等)が、住所を所管する在外公館(大使館や総領事館など)に行き、申請してください。 

 4.申請の際に必要なもの 

(1) 本人届出の場合

  • 登録申請書(在外公館にあります)
  • 旅券等本人確認のための書類
  • 在外公館の管轄区域内に引き続き3か月以上滞在していることを証明する書類

(2) 同居家族等による申請の場合

  • 登録申請書(在外公館にあります。本人の署名が必要)
  • 申出書(在外公館にあります。本人の署名が必要)
  • 登録申請者本人の旅券
  • 登録申請者本人に代わって登録申請を行う方自身の旅券
  • 登録申請者本人が在外公館の管轄区域内に引き続き3か月以上滞在していることを証明する書類

5.在外選挙人証の交付 

 受付から交付までは、おおむね2か月程度かかることが見込まれますので、ゆとりを持って申請してください。
 なお、在外選挙人証は大使館または総領事館の領事窓口で直接受け取れるほか、登録申請時に届けることにより、郵送にて住所または緊急連絡先でも受領することが可能です。

6.投票方法 

(1) 在外公館投票

 在外公館投票および郵便投票の地域指定がなくなり、選挙人の皆さんが在外公館投票と郵便投票のいずれかを自ら選択して投票することができます。
 なお、現地の事情により投票所が設置されない公館があります。 

(2)  郵便投票

ア. 投票用紙を登録地の選挙管理委員会に請求します。

イ. 登録地の選挙管理委員会から投票用紙の交付を受けます。

ウ.投票用紙に記入して、登録地の選挙管理委員会に郵送します。 

(3) 帰国投票(日本国内における投票)

 一時帰国等により、国内で投票される場合の投票手続きは、国内における一般の選挙人の方と同様、国内の投票方法を利用して投票することができます。

公示日または告示日の翌日から選挙期日の前日まで
ア. 期日前投票

 在外選挙人名簿に登録されている市区町村の選挙管理委員会が指定した期日前投票所において、在外選挙人証を提示して、期日前投票をすることができます。 

イ. 不在者投票

 選挙人名簿の登録されている市区町村以外の選挙管理委員会において、在外選挙認人証を提示して、不在者投票することができます。

  • 登録されている選挙管理委員会に投票用紙を請求します。
  • 投票用紙の交付を受けます。
  • 最寄りの選挙管理委員会に出向いて投票します。
選挙期日
ウ. 投票所における投票 

 在外選挙人名簿に登録されている市区町村の選挙管理委員会が指定した投票所において、在外選挙人証を提示し、選挙期日当日(国内投票日)に投票することができます。 

7.在外選挙人名簿の縦覧 

 在外選挙人名簿に登録された人は、通常の選挙人名簿と同様に、3月・6月・9月・12月に行う定時登録の各月の3日から7日までと、衆議院・参議院議員選挙の際に定められる期間に、次のとおり在外選挙人名簿を縦覧することができます。

縦覧について

縦覧時間

午前8時30分〜午後5時

縦覧場所

茨城町役場

対象者

その縦覧が行われる際に、新たに在外選挙人名簿に登録された人

申請から名簿に登録されるまで、約2か月かかります 

お問い合わせ先
選挙管理委員会 選挙管理委員会事務局

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:216
直通電話番号:029-240-7125

メールでのお問い合わせはこちら