小児・高齢者のインフルエンザ予防接種の助成について

10月からインフルエンザ予防接種料金の一部を助成します!

 予防接種を受けてからインフルエンザの抵抗力がつくまでに2週間かかり、効果持続期間は約5か月とされています。流行予想時期(12月下旬から3月)を考えると10月下旬から12月中旬に接種を受けるのが望ましい時期 となります。

 

助成内容

小児(任意予防接種)

【助成期間】

令和元年10月1日から令和2年1月31日まで

【助成対象者】

町内に住所を有する助成期間内に1歳以上中学3年生まで

【助成額および回数】

1回につき1,000円を助成 (2回まで)

13歳以上の方は、医師が特に必要と認める場合を除き「1回接種」が原則となります。(医師とご相談の上、お受けください)

【予診票】

未就学児:郵送

就学児:学校を通して配布

【医療機関】

町内委託医療機関

水戸市医師会会員協力医療機関

インフルエンザ予防接種協力医療機関(PDF:229.6KB)

【医療機関へ持参するもの】

予診票(記入して持参)

母子健康手帳又は予防接種の記録

高齢者(定期接種)

【助成期間】

令和元年10月1日から令和2年1月31日まで

【助成対象者】

町内に住所を有し、接種日に

(1)65歳以上の人

(2)60歳 から65歳未満で特定の障害のある人、身体障害者手帳(内部機能障害)1級に相当する人

【助成額および回数】

1回限り2,000円を助成

【予診票】

郵送

【医療機関】

茨城県医師会協力医療機関

(茨城県医師会ホームページ参照)

【医療機関へ持参するもの】

予診票(記入して持参)

被保険者証

「生活保護世帯」又は「町県民税非課税世帯」の方

 小児・高齢者共に、予防接種費用の全額を公費負担します。 該当する方は、予診票と一緒に町が発行した「個人負担免除券」(生活保護受給証明書等若しくは世帯全員分の非課税証明書でも可。)を医療機関へ持参してください。

個人負担免除券の発行を希望する方は、健康増進課窓口にある「個人負担金免除申請書」に必要事項を記入し、健康増進課へ提出してください。確認後、交付いたします。

 個人負担金免除申請書の受付期間は10月1日(火曜日)から1月31日(金曜日)までになります。

 ※個人負担金免除申請する場合は「生活保護受給証明書等」「町県民税非課税証明書」の提出は必要ありません。ただし、今年転入された方は平成31年1月1日現在の住所地の税務担当課より発行された「市町村県民税非課税証明書」が必要です。

インフルエンザ予防接種個人負担金免除申請書(PDF:124.1KB)

小児で保護者が同伴できない場合

(イラスト)ばい菌退治

お子さんに同伴される方は、保護者の委任状を医療機関に提出してください。

予防接種委任状(PDF:93.7KB)

予診票の発行を希望される場合

下記に該当される方には、予診票を発行しますので、健康増進課窓口へお越しください。

1. 予診票を紛失された方

2. 9月以降に転入された方

3. 町外の小中学校に通学されている方

※1.2.の方で、小児の場合には母子健康手帳を確認させていただきます。

 

関連リンク

インフルエンザQ&A(厚生労働省)

いばらきの感染症情報

お問い合わせ先
保健福祉部 健康増進課

〒311-3131 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1037番地1
代表電話番号:029-292-1111
内線:420,421,422,423,424
直通電話番号:029-240-7134

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。