令和元年11月5日から,住民票等に旧氏(旧姓)を併記することができます

旧氏とは

旧氏とは、過去の戸籍上の氏のことで、その人に係る戸籍又は除かれた戸籍に記載されているものです。

住民票等に併記できる旧氏

・初めて旧氏を記載する場合

過去に称していた氏の中から一つ選んで併記することができます。

一度記載した旧氏は、婚姻等により氏に変更が生じてもそのまま併記されます。

・旧氏を変更する場合

直前に称していた氏に限り変更することができます。

・旧氏を削除する場合

申請により旧氏を削除することができます。

ただし、削除後氏が変更した場合に限り、削除後に称していた旧氏を記載することができます。

 

※注意

・旧氏併記をした場合、住民票・印鑑登録証明書・マイナンバーカードに記載され、省略することはできません。

・旧氏は一人一つ記載できます。

住民票とマイナンバーカードに旧氏(旧姓)が併記できます!(PDF:1.5MB)

申請時に必要な書類

・併記を希望する旧氏が記載された戸籍謄本等から、現在の氏ににつながる全ての戸籍謄本等

・本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)

・マイナンバーカード又は通知カード

・登録する印鑑(旧氏で印鑑登録を希望する場合)

 

※注意

・お持ちいただいた戸籍謄本等は返却いたしません。

・本人又は同一世帯以外の方が代理人として窓口で申請する際には、委任状が必要です。

 

 

 

関連リンク

住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について(総務省HP)

お問い合わせ先
生活経済部 町民課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:101,102,103
直通電話番号:029-240-7111

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。