新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金について

新型コロナウイルスの感染防止策としての小学校等の臨時休業に伴い、保護者が休職した場合等に、非正規雇用の方を含め、労働基準法の年次有給休暇とは別に、有給の休暇を取得させた企業に対する助成制度が創設されます。

特例の対象となる企業・特例措置の内容

【対象】

〇臨時休業した小学校等に通う子の保護者の方々に対して、有給(賃金全額支給)の休暇を取得させた企業

※有給の休暇は、労働基準法に定める年次有給休暇とは別である必要があります。

〇令和2年2月27日から3月31日までに取得した有給休暇が対象です。

※風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれがある小学校等に通う子の保護者に対する有給の休暇に関しても、対象となります。

【助成内容】

・1日1人当たり8,330円を助成の上限とします。

・大企業、中小企業ともに同様です。

 

詳しくは以下のリーフレットをご参照ください。

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金について(PDF:231.7KB)

新型コロナウイルス感染症の影響による特別労働相談窓口

茨城労働局では、新型コロナウイルス感染症の影響による「特別労働相談窓口」を開設します。

【問合せ先】

茨城労働局雇用環境・均等室 総合労働相談コーナー
電話番号029-277-8295

詳しくは以下のリーフレットをご参照ください。

新型コロナウイルス感染症の影響による特別労働相談窓口(PDF:68.4KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。