社会資本総合整備計画について

社会資本総合整備計画とは

社会資本総合整備計画とは、地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施する場合に、計画の目標や期間、目標達成のために必要な事業等を記載するおおむね3年から5年間の計画です。

社会資本整備総合交付金は、地方公共団体等が行う社会資本の整備その他の取組みを支援することにより、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善を図ることを目的とし、自由度が高く、地方の創意工夫を活かせる総合的な交付金制度です。

茨城町では、この制度を活用して、大規模盛土造成地の抽出、マップの作成・公表することで、住民の防災意識を向上させ、防災まちづくりを推進しています。

実施中の計画

■計画名称     茨城町宅地耐震化推進事業(防災・安全)

■計画期間     平成29年度

■交付対象     茨城町

【整備計画】茨城町宅地耐震化推進事業(防災・安全)(PDF:699.1KB)

【事前評価】茨城町宅地耐震化推進事業(防災・安全)(PDF:32.4KB)

お問い合わせ先
都市建設部 都市整備課

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
代表電話番号:029-292-1111
内線:住宅整備 152,153,154, 都市計画 168,169
直通電話番号:029-240-7116

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。