いばらきっ子郷土検定県大会で明光中学校2年生が大活躍!

2月4日(土曜日)に、県民文化センターにおいて「第4回いばらきっ子郷土検定県大会」が開催されました。この大会は、子どもたちが楽しみながら本県の伝統や文化等を学ぶ中学2年生を対象とした県の事業です。そこでは、県独自の「郷土検定」の実施を踏まえ、更に郷土への愛着や誇りを高め、郷土愛を醸成するとともに、本県の魅力を広く発信することをねらいとして、中学生による地域及び学校代表対抗戦の大会を開催するものです。

当日は、県内各市町村代表校43校と国立・県立・私立代表校1校の計44校が出場し,熱戦を繰り広げました。茨城町からは,予選を勝ち抜いた明光中学校の2年生5名が代表として出場しました。また、応援として、同校2年生10名と茨城町マスコットキャラクター「ひぬ丸くん」が出場し、熱いエールを送りました。

会場では,オスペンギン(吉本興業の芸人)さんが司会進行をしたり,プロレスラーの蝶野正洋さんやねば~る君,ホーリーくんがゲストで登場したりするなど,楽しい雰囲気の中で大会が進みました。

明光中学校は、1回戦(Hブロック)に出場し,県内の市町村の予選を勝ち抜いた強豪校と戦いました。明光中学校は,記述式の3問を全問正解しましたが,その後の早押しでは,残念ながら準決勝へ進むことはできませんでした。いばらきっ子郷土検定県大会での明光中学校の頑張りが光りました。

1回戦開始の写真  明光中学校が大活躍