AED関連情報

AEDとはどんなものか

正常に動いていた心臓が急性心筋梗塞などの原因で、心臓がブルブルと震えだし(心室細動といいます。)、心臓のポンプ機能を正常に保つことができなくなることがあります。
この心室細動が起こった場合には、いち早く心臓に電気ショックを与え、この心室細動を取り除くことが重要です。
この電気ショックを行うための機器をAEDAutomated External Defibrilator:自動体外式除細動器)といいます。
AEDは自動で心電図を調べ、電気ショックが必要かを音声メッセージで指示してくれますので、一般の方でも簡単で確実に操作でき、救急隊による処置や医師 による治療が実施される前にそばに居合わせた人が心肺蘇生法を行い、AEDを使用することで、救命率が高くなるといわれています。

町内の設置場所(茨城町AED賃貸借事業による)は、下記をご参照ください。

茨城町AED設置場所 (PDF:49.2KB)

AEDの適切な管理について

AEDは適切な管理を行わなければ、いざ!!というときに使用できず、人の生命および健康に重大な影響を与える恐れがある医療機器です。
AEDを設置している施設等の方々におかれましては、下記サイトを参考に適切な管理をお願いいたします。

AEDを点検しましょう!(厚生労働省)

お問い合わせ先
茨城町消防本部

〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1736番地5
代表電話番号:029-292-1515
ファックス:029-292-8664

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。