このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
茨城町トップ健康・介護国保・医療年金医療福祉費支給制度(マル福)> 医療福祉費支給制度(マル福)の所得制限が緩和されました

医療福祉費支給制度(マル福)の所得制限が緩和されました

平成28年10月1日から、小児・児童及び妊産婦マル福の所得制限額が緩和されました

   平成28年10月1日から、小児・児童及び妊産婦マル福の所得制限額が以下のとおり緩和され、助成が受けやすくなりました。

 

   ※マル福の詳細については「医療福祉費支給制度(マル福)について」をご確認ください。

 

所得制限

改正前(~平成28年9月30日まで)

   父または母(所得が高い方)の所得額が下表の所得制限額内であり、かつ扶養義務者(同一世帯内の祖父母等)の所得額が1,000万円未満であれば該当となります。

改正前
合計扶養親族数 うち、老人扶養親族数
1人 2人 3人
0人 393万円      
1人 423万円 429万円    
2人 453万円 459万円 465万円  
3人 483万円 489万円 495万円 501万円
4人 513万円 519万円 525万円 531万円
5人 543万円 549万円 555万円 561万円

   ※扶養親族1人につき、30万円を加算します。さらに、所得税法に規定する老人扶養親族については、1人につき6万円を加算します。

   ※所得から定額控除8万円を差し引いて判定します。

 

改正後(平成28年10月1日~)

   父または母(所得が高い方)の所得額が下表の所得制限額内であり、かつ扶養義務者(同一世帯内の祖父母等)の所得額が1,000万円未満であれば該当となります。

改正後
合計扶養親族数 うち、老人扶養親族数
1人 2人 3人
0人 622万円      
1人 660万円 666万円    
2人 698万円 704万円 710万円  
3人 736万円 742万円 748万円 754万円
4人 774万円 780万円 786万円 792万円
5人 812万円 818万円 824万円 830万円

   ※扶養親族1人につき、38万円を加算します。さらに、所得税法に規定する老人扶養親族については、1人につき6万円を加算します。

   ※所得から定額控除8万円を差し引いて判定します。

 

申請がお済みでない方はお早めにお手続きをお願いします

   今回の緩和によって該当になる方につきましては、8月中旬から下旬にかけて申請手続案内通知をお送りしています。(3歳以上のお子様・妊産婦の方には申請書を同封しています。)

   申請書を提出していただいた方には9月下旬に受給者証を送付しています。まだ申請手続きがお済みでない方は、下記の書類を持参のうえ、保険課(5番窓口)までお越しください。受給者証を即日交付いたします。

 

申請に必要な書類

0歳から2歳児

  • 対象のお子様の保険証
  • お父様(お母様)名義の口座の分かる通帳またはカード
  • 対象のお子様、お父様、お母様のマイナンバー
  • 印鑑(朱肉使用のもの)

 

3歳から15歳児

  • 8月送付の「所得制限緩和に伴う必要書類提出のお知らせ」に同封の「医療福祉費受給者証交付申請書」
  • 対象のお子様の保険証

 

妊産婦

  • 8月送付の「所得制限緩和に伴う必要書類提出のお知らせ」に同封の「医療福祉費受給者証交付申請書」
  • ご本人様の保険証
  • 母子健康手帳

 

送付した医療福祉費受給者証について

   申請手続をしていただいた方には9月下旬に受給者証を送付しています。ご提出いただいた申請書を基に作成していますが、万が一、保険情報等誤りがありましたら保険課までご連絡ください。

 

受給者証の有効期間

小児・児童

   平成28年10月1日 から 誕生月の末日 まで

   (例)10月2日から11月1日生まれのお子様

   有効期間は平成28年10月1日から10月31日までとなります。11月1日以降は最新年度で所得判定を行い、該当の方には新しく受給者証を送付します。

 

妊産婦

   平成28年10月1日 から 出産予定日の翌月末日 まで


掲載日 令和2年12月11日 更新日 令和2年12月22日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
保健福祉部 保険課
住所:
〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
電話:
029-292-1111
直通電話:
029-240-7113
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています