このページの本文へ移動
トップいばらきまち暮らし町民の声茨城町住民の方に根ほり葉ほり聞いてみました!> 茨城町住民の方に根ほり葉ほり聞いてみました!(第31回五里峰区)

茨城町住民の方に根ほり葉ほり聞いてみました!(第31回五里峰区)

nehorihahori

  茨城町住民の皆さんの所におじゃまして、お話をうかがい、区ごとの特徴をご紹介します。
  「移住に興味がある方」「まさに今!移住思案中の方」「茨城町は知らないけれど、お時間の許される方」
  ちょっと覗いてみてください。インタビューにご協力いただいた方に次の区の方をご紹介いただくリレー形式で89の区(行政区)を順にご紹介したいと思います。

第31回  五里峰区(ごりみねく)

根掘り葉掘り1

五里峰区概要
掲載地図

◇茨城県東茨城郡茨城町小幡(五里峰)◇
お勧めスポット:猿田彦神社
世帯数:186世帯
人口408人(男216人  女192人)   
(令和4年5月末住民基本台帳調べ)

上記写真:五里峰農村集落センターより東へ100m程の側道より

五里峰区の方にインタビューしました!

インタビュー写真集
地内風景 地内商業施設 インタビュー風景
地内風景 区内県道43号茨城岩間線沿い  インタビュー風景

今回インタビューにご協力いただいたのは、小林美智子さんです。

Q五里峰区に住んでどのくらいになりますか?また普段はどんな生活を送っていますか?

東京で生まれ、跡取だった父について、幼い頃に茨城町にきました。年頃になり結婚をし、近隣水戸市に10年位住んでいた事もありました。

息子が小学校の時に、茨城町に戻ってきたので、通算すると60年以上になると思います。現在は夫と2人暮らしです。

約20アールの畑で菊栽培をしています。4月頃から苗を植え、7月から11月頃まで、収穫をします。

また、11月頃からは、お正月用のしめ飾りを作っています。家庭菜園では旬の野菜を作り、自給自足が出来るようにしています。

朝から農作業の他、菊の花束作りをしてJAの直売所に出荷したり、夕方は夫と2人で犬の散歩。そんな一日が過ぎていきます。

趣味は、50年続けているコーラスで、毎週土曜日に水戸へ行き、楽しんでいます。又、町のお話の会「しらゆきひめ」会員として、幼稚園、小学校等に人形劇や、本の読み聞かせを

していますが、コロナ禍の中で自粛を余儀なくされて、ちょっと寂しいですね。私ももう年なので、今年からは、幼稚園だけにしました。

IMG_9288-2IMG_9330IMG_9294

Q五里峰区の住み良い点、不便を感じる点を教えてください。

ここの住所は「小幡」といいます。小幡は4つの行政区に分かれ、その一つが当五里峰区になっています。

茨城町の中でも小幡は歴史的に興味深い地区になっていますが、ここは区内に流れる寛政川周辺の低地を除けば、ほとんどは台地で、すこし行けば、国道6号や旧道には商店や住宅が建ち並び、それ以外の場所は農耕地となっている場所で、国道から1本道をは入れば、自然豊かで静かな環境が整った区。そこが五里峰区です。

20代の頃は、家の農業を手伝いながら、青年団活動ををし、その中で演劇やコーラスと、仲間と共に充実した青春を過ごしましたが、結婚して30代半ばで体調をくずし、1年間の闘病生活を送り、実家に戻って間もなく両親が病気になり、さらに娘も病気という大変な時期がありました。

何とか今日まで来られたのは、自然の中での生活と、近隣の人達の温かい支えがあったからだと思います。

刺激は少ないけれど、「住み続けるには最高の環境」という事です。確かに近くにお店もないし、不便な事もありますが、この自然の中で近隣の人と仲良く生活出来るのは、とても居心地がいいものです。

Q住民の方が思うアピールポイントがあれば聞かせてください。また、エピソードがあれば聞かせてください。

人との絆はとっても大事。

一時期は何もかもが無我夢中で、日常何をするか、優先順位なんて決められない程の目まぐるしさがありました。

菊の収穫時期には整枝が必要で、芽かきという作業が必要です。その頃、何をどうしたら、その作業時間が作れるだろうと悲鳴をあげていた時期・・

ある日帰宅すると、以前菊栽培を教えた友人が「芽かき」をしてくれていたのです。感激と感謝の出来事で、今でも忘れられられません。

辛い時の助けは尚更心に効くものです。

アピールポイントと聞かれ、売り込む強みになる様な事はありませんが、きっと・・お金では買えない素晴らしいものに出会える事でしょう。

人に助けられた人は、必ず誰かを助ける人になると思うし、田舎の付き合いや、環境に不安を覚えてる人も、それは何処でも、隣の町に越しても、大なり小なり不安はあるもので。

みんな助け合いながら生きています。

農業もやり様によっては、とても素晴らしい生きがいになる職業だと思います。

ちなみに私の家は、今だに薪の風呂、薪ストーブの生活ですが、とても充実しています。

五里峰区独特な所
IMG_9158
IMG_9167-1

《猿田彦神社》

夏祭りの拠点になっている場所。

 

祀神 猿田彦大明神は、

瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が

天界から宮崎県の高千穂に

降り立った際に(天孫降臨)、

地上世界を案内したとされ、

伊勢の宇治を聖地とし、

全国を開拓したと伝えられ、

物事の始まりを導く

「みちひらき」の神様とされる。

※諸説あり

IMG_9189

IMG_9185

IMG_0077

《五里峰 集落センター》

昭和54年に建築され、

区民の様々な活動の拠点として

利用されている場所。

老朽化による不具合も、

平成30年には宝くじコミュニティ助成事業により

屋根や、外壁等の修繕工事も行われた。

 

※平成31年1月発行

広報いばらきより抜粋

 

※令和2年度「敬老会並び三世代交流会」の様子

子供達の合唱や、「ひょっとこ」や「おかめ」が登場した場面も。

会場内は、子供達のはじけた笑い声や、

皆の拍手や歓声が飛び交った素晴らしい時間になったそう。

無題

IMG_9179

《二十三夜塔と子安観音》
区内三叉路内には、

道標もかねていた

二十三夜塔が残されており、

「右ゝぬま  こゐぶち    左まつのうち   つくば    道」

と記載されている。

隣には子安観音像もあり、

昔ながらの景色が大切に保たれている

区内癒しスポットのひとつ。

上写真:平成4年頃(おおよそ32年前の同場所)

              ※茨城町史(地誌編)より引用

下写真:令和4年7月撮影

Q土地柄自慢や恒例行事など、五里峰区独特な所はありますか?

コロナ禍になる前は、三世代交流会や敬老会、収穫祭等があって、皆で食事をしたり、娯楽を楽しむ行事がありました。7月の夏祭りには大人神輿に子供神輿と、賑わったものです。

皆で何かをする機会も少なくなり、時代も手伝ってか、簡素化されてきたご近所のお付き合いではありますが、また以前のような生活に戻れる事を願っています。

Q最後に・・移住検討中の方へメッセージをお願いします。

「百姓」の本来の意味は、「百の姓」=「百の名字を持つ」ということ。
つまり、いろいろな仕事ができるという意味かもしれませんね。

 

人に指図される事なく、自分で計画を立て、手間を掛けたら掛けた分だけ応えてくれるのも農作業の魅力です。

 

現在、農業に携わっている方、また将来農業に携わりたい方。

若い農業後継者の方!ぜひ五里峰区にもいらしてください!

 

kobayasiさん

 小林美智子さん、ご協力ありがとうございました。
次は谷田部 区(やたべ く) へお伺いします!


掲載日 令和4年9月26日 更新日 令和4年10月6日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
町長公室 地域政策課 新政策グループ
住所:
〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
電話:
029-292-1111 内線 231 232
FAX:
029-292-6748
(メールフォームが開きます)