このページの本文へ移動
トップいばらきまち暮らし町民の声「継」 × ひと> #02 自然と触れ合う経験は一生の宝

#02 自然と触れ合う経験は一生の宝

ソファに腰掛けている横田さん(右側)、ソファで団子状になって遊ぶ子ども3人(左側)、立って作業をしている奥さん(左奥)の写真

自然と触れ合う経験は一生の宝

ソファに腰掛けて話す横田さんご夫婦の写真

茨城町に住まわれている期間を教えて下さい。

  生まれてからずっと。私は29歳なので、29年間になります。

これまで茨城町以外で生活された経験は?

  ないですね。ずっと茨城町で生活を続けてきたのでいわゆる「都会暮らし」の経験はないです。それこそ私の母、祖父、祖母もずっと茨城町です。これからもずっとここに居たいと思っています。

茨城町の魅力を教えてください。

  美しい自然です。涸沼をはじめ、自然の大きさを体感できる場所がこの町には豊富に存在します。これは都会では体験することができないでしょうね。

  まだバードウォッチング、虫取り、川遊びができるので子育てにも最適です。自然と触れ合う経験は一生の宝になると確信しています。
  子どもたちには茨城町でのびのびと育ってほしいですね。田んぼや畑がある町は少ないですからね。

日常品の買い出しについて教えて下さい。

  大型ショッピングセンターが近くにありますが、我が家は3世帯で買うものが多いので自動車で出かけています。
  野菜などは、近所から頂けることもあるので、採れたての新鮮な味を楽しむことができます。

3世代以上に渡って根付く助け合う文化

ソファに並んで腰掛けている、横田さんご夫婦、男の子3人、女の子1人の家族写真

自然以外にもこの町の魅力を教えて下さい。

  人と人との繋がりですね。

繋がりを実感できたエピソードをお話しください。

  東日本大震災の際、この茨城町だからこそ乗り越えることができたと感じています。
  断水の際には、井戸水を近所の方に分けたり、育てている野菜を分け合ったりしました。
  我が家には昔ながらの五右衛門風呂があるのですが、井戸水を沸かし、友人に入浴してもらったりもしました。

この茨城町には助け合う文化が根付いているのですね。

  私が生まれるずっと前から存在しています。それこそ、じいさんの代から当たり前のように、みんな助け合って生きていきました。

これから茨城町へ移住してくる方へメッセージをお願いします。

  移住されてくる皆様、ぜひ、この茨城町での生活を楽しんでください!
  知らない土地で一歩踏み出す勇気が必要になるかと思いますが、私たちはどんどん受け入れます!一緒にバーベキューしましょう(笑)!

 

本日はお時間をいただきありがとうございました!


掲載日 令和2年12月11日 更新日 令和3年1月6日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
町長公室 地域政策課
住所:
〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
電話:
029-292-1111
直通電話:
029-215-8003
FAX:
029-292-6748
Mail:
(メールフォームが開きます)