このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
茨城町トップくらし・手続き防災・消防・安全防災原子力関係> 試験研究用等原子炉施設に係る原子力災害に備えた茨城町屋内退避及び避難誘導計画を策定しました

試験研究用等原子炉施設に係る原子力災害に備えた茨城町屋内退避及び避難誘導計画を策定しました

  町では、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構大洗研究所が運用する試験研究用等原子炉施設「HTTR(高温工学試験研究炉)」、「常陽(高速実験炉)」、「JMTR(材料試験炉)」を対象とする、「試験研究用等原子炉施設に係る原子力災害に備えた茨城町屋内退避及び避難誘導計画」の策定を進めてまいりました。
  同計画について、パブリック・コメント手続きや、茨城町防災会議(令和3年7月26日開催)における審議を経て、以下のとおり策定いたしましたのでお知らせいたします。

計画

pdf試験研究用等原子炉施設に係る原子力災害に備えた茨城町屋内退避及び避難誘導計画(pdf 711 KB) 
 

計画の趣旨

  国立研究開発法人日本原子力研究開発機構大洗研究所が運用する試験研究用等原子炉施設「HTTR(高温工学試験研究炉)」、「常陽(高速実験炉)」、「JMTR(材料試験炉)」を対象に、万が一原子力災害が発生し、又は発生するおそれがある場合に備え、住民等に対する放射線の影響を最小限に抑えるための防護措置を確実に実行できるよう、必要な事項を定めるものです。

対象施設・対象区域

  対象施設は、「HTTR(高温工学試験研究炉)」、「常陽(高速実験炉)」、「JMTR(材料試験炉)」の3基の試験研究用等原子炉施設です。
  対象区域は、国が策定する原子力災害対策指針等に基づき、各原子炉施設から概ね半径5kmの範囲となっており、その範囲に含まれる地区(行政区)は以下のとおりです。
計画の対象施設と対象地区
対象施設 対象地区(行政区)
HTTR 網掛、昭和、中石崎、桝原、宮前、遠西、長洲、台、前谷、後谷
JMTR
常陽 中石崎、桝原、宮前、遠西、長洲、台、前谷、後谷
計画の対象区域

原子力災害発生時の対応

   万が一原子力災害が発生した場合には、原則として屋内退避(自宅等の建物内に退避し放射性物質等から身を守ること)を実施することとなりますが、状況によっては町内の各避難所へ避難することとなる場合もあります。
  原子力災害の状況や、実施すべき防護措置等については、防災行政無線や登録制メール配信サービス等、様々な媒体から情報提供を行いますので、落ち着いて情報収集をお願いいたします。

↓登録制メール配信サービスについてはこちら
https://www.town.ibaraki.lg.jp/gyousei/kurashitetuduki/bousaianzen/001749.html

計画策定の経緯

計画策定までの取り組み
内容 実施日(期間)
パブリック・コメント手続き 令和3年6月7日から令和3年7月6日まで
住民説明会(石崎地区) 令和3年6月30日
住民説明会(網掛・昭和地区) 令和3年7月1日
茨城町防災会議 令和3年7月26日

 

掲載日 令和3年7月28日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
総務部 総務課 防災・危機管理
住所:
〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
電話:
029-292-1111 内線 217
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています