このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索

環境

太陽光発電施設の適正な設置・管理に関するガイドラインについて 生活経済部 みどり環境課
太陽光発電施設の適正な設置・管理に関するガイドラインが改訂されました! 茨城県では「太陽光発電施設の適正な設置・管理に関するガイドライン 」を策定し施行し、地域との共生が図られた適正な導入を推進しています。 太陽光発電設備の設置の手続きにつ...
涸沼ラムサール条約登録推進協議会設立総会が開催されました 町長公室 地域政策課
8月20日に茨城県と涸沼周辺3市町、さらに関係団体等で構成する「涸沼ラムサール条約登録推進協議会」が設立されました。 協議会は、涸沼のラムサール条約への登録を地域が一体となって目指すとともに、登録後の自然環境の保全と賢明な利用を図ることを目...
涸沼がラムサール条約に登録されました!! 町長公室 地域政策課
登録候補地となっていた涸沼が、5月28日(条約事務局が置かれているスイスの現地時間)付けでラムサール条約湿地に登録されました。 涸沼は海水と淡水が混じり合う全国的にも希少な汽水湖であるとともに、生き物の宝庫です。 ラムサール条約とは 19...
野外焼却(野焼き)の禁止について 生活経済部 みどり環境課
町内の皆様にお願い 最近「近くで何かを燃やしていて、煙で気分が悪くなった」といった苦情が相次いでいます。いわゆる野焼きについては「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」や「茨城県生活環境の保全等に関する条例」により、一部例外を除き原則として禁止...
蜂駆除用防護服の貸出のご案内【貸出中止】 生活経済部 みどり環境課
蜂駆除用防護服の貸出のご案内 夏から秋にかけてスズメバチやアシナガバチ等、毒性の強い蜂の活動が活発化してきます。 町では、住宅や事業所等にできた蜂の巣を駆除する際の防護服を貸し出しております。 ※今年度の防護服の貸し出しについては、新型コロ...
微小粒子状物質(PM2.5)の注意喚起情報について 生活経済部 みどり環境課
茨城県では、微小粒子状物質(以下PM2.5)の濃度を計測している県内8か所の大気測定局のうち、1か所でもPM2.5濃度が「注意喚起のための暫定的な指針となる値(午前5時、6時、7時の1時間値の平均値が85マイクログラム/立方メートル、また...

最近チェックしたページ