このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索

国民年金

国民年金
年金生活者支援給付金制度について 保健福祉部 保険課
年金生活者支援給付金制度が令和元年10月1日から始まりました。年金生活者支援給付金は、消費税率引き上げ分を活用し、公的年金等の収入や所得額が一定額以下の年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。 年金生活者支援給...
年金を受給されている方が住所を変更された場合の手続き 保健福祉部 保険課
年金を受給中の方 平成23年7月に制度改正があり、日本年金機構に住民票コードが収録されている年金受給者の方については、直接日本年金機構において住民基本台帳ネットワークから住所変更情報等が取得できるようになり、平成23年7月以降、これまで年金...
年金の請求をお忘れではありませんか? 保健福祉部 保険課
年金の請求をお忘れではありませんか? お心当たりのある方は、お早めにご相談ください。 65歳以上で年金の加入期間が10年以上の方 年金の受け取り開始を66歳以降に繰り下げている方 厚生年金の加入期間のある65歳以上の方 厚生年金の加入期間...
日本年金機構個人情報の流失における詐欺に注意 保健福祉部 保険課
日本年金機構において発生した,不正アクセスによる個人情報の一部が流出したことにより,情報流出事案の対応として「日本年金機構コールセンター」の専用電話窓口(連絡先 0120-818-211)をご案内していましたが,平成28年9月1日以降は「...
障害年金のご案内 保健福祉部 保険課
病気や事故などの原因で身体や精神などに重い障害が残った方のうち、年金制度上の要件を満たした場合、障害年金が支給されます。 要件とは? 初診日において被保険者であること 初診日において日本国内に住所を有し、かつ、60歳以上65歳未満であるこ...
国民年金保険料免除等制度について 保健福祉部 保険課
免除・納付猶予・学生納付特例制度の利用について 国民年金保険料は、所得、年齢及び学生であるかどうかにより、免除や納付猶予制度があります。現在の状況に応じた免除や納付猶予制度が受けられます。 保険料の納付が難しいという理由で、未納のまま2年が...
国民年金保険料免除等申請における退職(失業)特例について 保健福祉部 保険課
退職(失業)特例は、退職(失業)したことによる所得の減少が見込まれる方について、退職者本人のみ(退職者でない配偶者や世帯主は通常の所得判定となります)の所得をゼロとみなすことにより、免除を受けやすくする特例制度です。この制度は退職した年度...
国民年金付加年金について 保健福祉部 保険課
新聞やテレビでとりあげられたことにより、最近問い合わせが多い付加年金についてお話します。 厚生年金に加入している人は、将来、国民年金に加えて厚生年金が受給できますが、国民年金だけしか加入したことがない人は、国民年金しか受給できません。 そ...
国民年金産前産後免除制度について 保健福祉部 保険課
平成31年4月1日から産前産後期間の国民年金保険料が免除されます。 免除期間 出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。なお、多胎(双子等)妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から...
国民年金の加入手続等について 保健福祉部 保険課
国民年金 国民年金は、老後の生活保障や、障害になったときなどの保障を行うことを目的とした制度です。日本国内に住んでいる20歳から60歳までの方はすべて加入することになります。 令和3年4月~令和4年3月の1か月あたりの保険料は16,610円...
ねんきん定期便について 保健福祉部 保険課
ねんきん定期便が送付されます 「ねんきん定期便」は、加入記録をご確認いただくとともに年金制度に対するご理解を深めていただくことを目的として、これまでの保険料納付の実績や将来受け取る年金額の見込みなどの年金に関する情報を定期的にお送りするもの...
お仕事を辞められた場合の国民年金の手続きについて 保健福祉部 保険課
国民年金は、日本に住所を有する方で20歳以上60歳未満のすべての方が加入することになっています。 国民年金の被保険者(加入者)は次のように区分されています。 【第1号被保険者】 自営業や農業を営んでいる方など第2号及び第3号被保険者以外の...

最近チェックしたページ