このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
茨城町トップ健康・福祉健康相談・検診> 食中毒に注意しましょう

食中毒に注意しましょう

   6月~10月は細菌による食中毒多発の時期です!

   蒸し暑いこの時期は細菌が繁殖しやすく、食中毒が多発する時期です。

   一般家庭での食中毒発生も多く、各家庭から食中毒を出さないように心がけましょう。

<家庭でできる食中毒予防6つのポイント>

食品の購入

  • 消費期限などの表示をチェック
  • 魚や肉はそれぞれ分けて包む
  • 購入したら寄り道しないでまっすぐ帰る

家庭での保存

  • 帰ったらすぐ冷蔵庫へ!
  • 魚や肉は汁がもれないよう包んで保存
  • 冷蔵庫には物を詰めこみすぎないように
  • 冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下に維持

下準備

  • タオルやふきんは清潔なものに交換
  • 冷凍食品の解凍は冷蔵庫や電子レンジで
  • 調理の前、魚や肉をさわった後には、石けんを使ってていねいに手洗いを
  • 野菜もよく洗う
  • 包丁、まな板、ふきんもきれいに洗う

調理

  • 十分に加熱する(中には熱に強い毒素や細菌がありますので、これだけで大丈夫というわけではありません)
  • 電子レンジを使うときは均一に加熱されるようにする

食事

  • 食事の前に手を洗う
  • 料理は食べきれる量をつくり、早いうちに食べる
  • 料理を長時間、室温に放置しない
  • ペットが食品や食器にふれないようにする

残った食品

  • 手洗い後、清潔な器具や容器で保存(小分けにすると早く冷える)
  • ちょっとでも怪しいと思ったら、思い切って捨てる
  • 温めなおすときは十分に加熱する

<もし、食中毒かな?と思ったら...>

食中毒になると、どんな症状が出るの?

   一般的には、下痢、腹痛、熱、おう吐などの症状が出ます。

   ときどき、便に血が混ざることもあります。何が原因で食中毒がおこるかによって、

   症状や症状が出るまでの時間はさまざまです。

食中毒の症状が出たら、どうすればいい?

   下痢やおう吐をしたら、しっかり水分をとりましょう。
   自分で勝手に判断して薬を飲むのはやめて、まずはお医者さんにみてもらいましょう。
   食べたもの、食品の包装、店のレシート、吐いた物が残っていたら保管しましょう。食中毒の原因を調べたりするのに使います。

食中毒の症状が重くなりやすい人は?

   以下の項目にあてはまる方(症状が重くなる可能性がある方)

   食中毒にかかったかもしれないときは、お医者さんにみてもらいましょう。

   その際、以下の項目に当てはまっていることをお医者さんに伝えましょう。

  • 乳幼児や高齢者の方
  • 妊娠中の方
  • 肝臓疾患、ガン、糖尿病の治療を受けている方
  • 鉄剤を飲む必要のある貧血の方
  • 胃腸の手術を受けた、胃酸が少ない等、胃腸に問題がある方
  • ステロイドが入っている薬を飲んでいる、HIVに感染している等、免疫力が落ちている方

家族にうつさないようにするには、どうすればいい?

  • うつらない・うつさないために、特に調理の前、食事の前、トイレの後、便や吐いた物にさわった後には、よく手を洗いましょう。
  • 食中毒にかかっているおそれのある人は調理をひかえましょう。
  • 食中毒にかかっているおそれのある人が使った食器や調理器具は、洗剤で洗うだけでなく、熱湯をかけて消毒しましょう。
  • 食中毒にかかっているおそれのある人の下着・衣類は、別に洗いましょう。
  • 食中毒にかかっているおそれのある人は、家族の後にお風呂に入るようにしましょう。湯舟のお湯は毎日かえましょう。
  • 家族が食中毒にかかったら、お風呂の残り湯を洗濯に使うのはやめましょう。

【関連資料】

関連リンク


掲載日 令和2年12月12日 更新日 令和3年1月31日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
保健福祉部 健康増進課
住所:
〒311-3192 茨城県東茨城郡茨城町大字小堤1080番地
電話:
029-292-1111 内線 420 421 422 423 424 425 464
直通電話:
029-240-7134
FAX:
029-240-7130
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています